【FF14】シーロックの感想、私の父の事・・・。

暑い~ですね。
家でぬくぬくFF14して、ちょっと一服するために庭にでましたが

クソ暑い!!!

ますます、引きこもりが加速しちゃいますね。
さー、この三連休!ぬくぬくFF14やで!

良い子の皆さんこんばんわ、しんたろうです。
さて、タイトルのFLのシールロック
3.05パッチから始まった、新しいFL(PVP)!
15戦程プレイしましたが、かーなり運要素が強いです。
FF14_2015-07-25_00.png


勝敗の決し方としては、アラガントームリスという塔に触れて、自軍の塔にすると
ポイントが加算されていく仕組です。
塔にはランクがあり、S、A、Bの3ランクあります。

S=4ポイント
A=3ポイント
B=2ポイント

毎秒事にポイントが入り、トータル800ポイントを取ったGCが勝利する仕組みになっています。

また、トームリスはランダムで同時に4つ出現して一定時間経過すると消えて
再度ランダムに3~4という形で出現していきます。
最初はBランクの塔が大目で、後半にSランクの塔が出てきて
逆転のチャンスも出てくる仕組みになっています。

しかし、このトームリスがランダムすぎて
1位のGC側にSランク塔が出る事もあり、かなり勝敗は運の要素が高い印象です。

また、塔の防衛が非常に重要ではありますが

塔の防衛 < プレイヤーとの対人

塔の防衛よりも、プレイヤーと戦いたい方が多いため
あっちこっちで戦闘が発生し、勝敗云々よりも
俺ツエー!!をしたい方が多いようです。

なので、勝ちに拘りたい人にとっては楽しめないかもしれません...。

ただ、移動が多発するために
遭遇戦が非常に多く、小規模の戦闘があっちこっちで発生しますので
個人プレイヤーで勝敗を気にせず、ただ戦いたい!って方にはお勧めかもしれません。

私はどちらかというと勝ちに拘りたいため、指示出しをしてくれる方がいれば指示に従って戦いたいですが
いなければ、指示出しをたまーにして、少しでも勝ちに近づけるように努力しています。

しかし、そうはいっても戦いたい思いもあるため
負け戦になった場合には、トームリスの防衛そっちのけで対人に励んでいます。

以下は私の初戦から、最初の4戦ほどの結果です。

復帰、初戦。
何が何やら分からない状態
F1.png

2戦目
ちょっと感覚が戻る。
f2.png

3戦目
シールロックが分かってくる。
f3.png

4戦目
慣れてきたかな・・・。
f4.png

<感想>
面白いのは面白い!だが歯がゆい事が沢山あるFLですね。
正直3PTで分けないで、24人1PTにしてくれた方がシールロックは楽しめるきがします。

早く、マッチング無しの
1MAP常に開放の攻城戦を実装してほしいなー。



FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村



P.S
今ではFF14プレイヤーでは誰もが知っている
マイディーさんの光のお父さんのインタビュー記事が
「ゲーム情報サイト インサイド」によって上がっていましたが
非常に喜ばしい事ですね。

http://www.inside-games.jp/article/2015/07/26/89739.html

また、ゲーム内でのインタビューってのがマイさんらしくて、とても良い感じです♪

この記事を読んでいると、またGungnirに戻って皆と一緒に遊びたいって
しみじみと思ってしまうのですが、一度決めた事を
そうそう簡単に帰っては男がすたるってもんですし、今はここバハで楽しみたいと思っています。

でも、いつの日か戻りたいw




しかし、こうやってお父さんと好きな事を一緒に出来るって本当に素晴らしいですよね。
このネット社会において、新しい親子の付き合い方を垣間見れたきがします。

私は父を20歳の時にガンで亡くしてからというもの、父に親孝行が出来なかった事を後悔しています。
あれからもう結構経ちましたが、未だにふと思います。

父は昔ながらの頑固一徹
一緒にいる時は、会話も少なく、小さい頃の時のように遊ぶ事もまずありませんでした。

また、10代後半の時は父が1人で携わっていた自営業の仕事を
仕事が追いつかないからといって、無理やり手伝わされたりもしていた為
思春期真っ只中の私は、どちらかというと「煙たい」と思っていたぐらいでした。
10代の半ばで殴られたり、蹴られたりした時は、早く死ねよ!って心の中で強く思った事も多々ありました。

でも、幼少の頃を思い返すと、キャッチボールしたり、プールにいったりと
色々な楽しかった思い出が沢山ありました。

ガンになって、余命もあと少しだった父の元にお見舞いに行った時には
あまりの痩せ細った父の姿を見て、こみ上がるものを抑えつつ
自分が涙を流す姿を見せては、きっと父も悲しむだろうと思い、そっけなく帰った事を思い返します。

そして「本当に大切な人なんだと」想った時には、何も出来ませんでした。

10代後半の頃は大学にもいかず、父の仕事を手伝っており
お金もなく、将来なんて一切考えてもおらず。
また、我が家には父の日とか、母の日とかの風習もなく。
父に親孝行らしい親孝行を何も出来なかった事を非常に後悔しました。

ただ、その何年後かに母から
父が仕事を無理して手伝ってくれた事に非常に感謝していた事を聞いて
少し、救われた気がしました。

それからというもの、私は思い立ったら直ぐ行動する。
やらないで後悔するなら、やって後悔する。ってことを常に心掛けています。

ただ、今でも父に親孝行らしい事が出来なかった心残りがありますが
その分、父が愛した母に親孝行をしていこうと思っています。

なので、是非ともお父様やお母様がご健在の方は
お父様お母様を大切にしましょうね!

そんな私も、後2ヶ月ごには♀ララフェルの父になる訳ですが。
こんなにFF14やっていて大丈夫なのか。
将来煙たがられないかと心配していますが。

それでも、FF14は辞められませんね!w

コメント

非公開コメント

プロフィール

DOUKO

--------------
★コントラクトサーヴァント
Name:DOUKO

■FF14 2年間プレイ 引退
所属FC:Giovinezza
Name:Shintarou Leon'Heart
サーバー:槍

■ウルティマオンライン(UO)10年間プレイ 引退
NAME:MOMOTENSUI
所属ギルド:[=J=][SLS][NS3][+][=F=]
ギルドマスター暦:[NS3][+][=F=]


■MMORPG暦 20年
信長の野望Online、大航海時代Online FF14
AOE、AOK、Diablo、EQ、GW2、TERA、TOS

■hobby:SnowBoarding Soccer 
Music gAME
--------------