【FF14】【鬱病の彼女】ゴールドソーサーいってきた!

こんにちは、しんたろうです!

さー、やってまいりましたGSことゴールドソーサー!
皆さんも絶好調でゴールドソーサーを楽しんでますでしょうか!?

私はGioviメンバーで遊んで参りました。
おきに0227

rara0227.png

はんま



特にトリプルトライアドが楽しい
これにつきる気がします。
kirintyan0227.png
シンプルなんだけども「プラス」や「セイム」ルールの
弱いカードでも逆転できる可能性が十分あるところが
また、面白いですよね。
やっぱり、逆転要素がないと盛り上がらないですし!!



※現在のカード
ka-dorisuto.png




チョコボレースも皆で遊んできましたよっ
FF14_2015-02-25_20.jpg


FF14_2015-02-25_23.jpg

こちらも面白い!面白い!面白いんだけど
ダッシュ強すぎw

一発逆転要素も無いため、かーなり先行有利ゲームになっていますね。
最下位に序盤になったら、ほぼ1位になる可能性が無いのってどうなの!って思います。

誰でも簡単に出来る感じで操作も難しくないのですが
そうなると逆に、チョコボの能力がダイレクトにレースに反映されるため
ランクの差が付いてきたときのにどうするのかって感じですよね。
例えば知らないプレイヤーとやるのであれば、ランクマッチング的な要素で
レースを選択出来るから、近いランクで出来るかもしれません。
しかし!
友達とやる時に、ランク差があった時、果たして勝てるのか!w
疑問です。
今はまだある程度近いからいいかもしれませんが
これから先・・・。

後、アイテム!
順番でアイテムを取得する感じのため、ここを下の順位にいる人ほど
ダッシュが出るような風にしてほしいですよね。
まさにマリカーですけど!

楽しいのに!楽しいのに!なんかもったいない気がしますた!


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村


さて、話は変わり
皆さんにも色々な悩みがあると思います。
私にもあります。

特に歳を取ると、その悩みが増えますよね。
若い頃はポジティブを売りにしていたので、周りからは「悩みがなさそうでよいなー」って言われるぐらい
悩みがなさそうな感じでした。
弱音は言わない、前向きな事ばかりを考える、愚痴らない。

しかし、今は弱音は言うし、後ろ向きに考える事もある、愚痴ったりは余りしてないか・・・w


鬱病の彼女
---------------------------------------------------------------------------
私が過去にお付き合いした方に、鬱の子がいたのです。
会社の先輩に呼ばれて3対3の合コンで知り合ったんですけど
2次会へいくカラオケに行く時に、女性陣が1人の子に「あなたは帰った方がいいよ」と言っていたのです。
その子は若干残念そうにしながら、しぶしぶ帰宅しました。

そして、男性陣側の男の子も時間の関係上帰宅する事になり
残った2対2でその後カラオケに行ったのですが
私はその子の事が気になってしかたがなかったのです。

そんな時、あっちから突然の着信がありました。
どうやら一緒に帰っていた男の子に、私の番号を聞いたので掛けたというのです。
また今度遊ぼうねって約束をし、電話を切りました。
そして戻ったら、女性陣から「あの子は止めといた方がいいよ」「色々とめんどくさいよ」と
言われたんですよね。

でも、深くは話そうとしないので
何か気にはなりましたが、良い子だし気も合いそうだからまた会おうと決心したのです。

その次の日から、メールでやり取りを取り私からアプローチを掛けて
4回目のデートの時に、公園で話していた時の事でした。

某公園で大きな池の前の野原で2人で座って話している時に
突然彼女が無言になったのです。
さっきまで楽しそうだったのに、名前を呼んでも、何を言っても反応しない。
私は心配になり、体を揺らすもまったく反応しない。
どうしたんだろうと・・・

しばらくしたら

突然泣き始める彼女。

私は何か悪い事をしたのだろうか?何か変なのことでも言ったのかと疑問に思いましたが
違いました。

どうやら楽しい時間が終わるのが寂しいと感じたり
一緒にいたいのに、一緒にいれなくなるのがイヤだったすると
放心状態になるようなんです。

その日、私は告白しました。

本当は、もう少しお付き合いを重ねてから言うつもりでしたが。
「守ってあげたい」という気持ちが勝って、今言うしかない!という衝動に駆られたのでしょう。

その後は色々ありました。
本当に色々。

本当に落ち込んでいる時は、お手紙を渡したり
お花を渡したりしていました。
そんなこんなで、1年半ほどお付き合いしたのを覚えています。

最終的に彼女はダンスが好きで
ダンスをしたいと言っていたので、やったらいいよ!と伝えてあげて
何か集中出きるものが出来たのか?遣り甲斐を得たのか分かりませんが。
鬱病だったのが嘘のように、回復していったのです。

最終的には、私が当時付き合っていた彼女ではないぐらい
彼女は変わりました。

本当に変わりました。

そして、私は彼女と別れたのです。
---------------------------------------------------------------------------

何故、このような事を書いたんだろうかと
最後の方になって、自分でも良く分からなくなりましたが。

色々と辛い時って必ず誰にでもあるんですよね。
辛い時って、どこか自分ばかり、自分だけって思いがちかもしれません。
でも、そうではないのですよね。
きっと相手も辛いかもしれないし、他の人も辛いかも知れない

ならどうするべきか?

私としては、周りはいたって普通に接する事が大事だと思います。
いつもと変わらない、いつもと同じスタンスで。

辛い時に、無理に変えようとする必要はないのです。
きっと時間を重ねて、小さいきっかけがまた前向きにさせていくのだと思います。
その小さいきっかけは、実感しないものかもしれません。

でも、永い年月を越えた仲間であれば、きっと辛い事も
良い思い出になると思うのです。





さ、GSいこ!













コメント

さすが恋愛偏差値高いだけの事はあるは、、、(賞賛)

しんたろうー

ふ、よしてくれ。
まだまだ青二才よ(* ̄(エ) ̄)ノ
非公開コメント

プロフィール

DOUKO

--------------
★コントラクトサーヴァント
Name:DOUKO

■FF14 2年間プレイ 引退
所属FC:Giovinezza
Name:Shintarou Leon'Heart
サーバー:槍

■ウルティマオンライン(UO)10年間プレイ 引退
NAME:MOMOTENSUI
所属ギルド:[=J=][SLS][NS3][+][=F=]
ギルドマスター暦:[NS3][+][=F=]


■MMORPG暦 20年
信長の野望Online、大航海時代Online FF14
AOE、AOK、Diablo、EQ、GW2、TERA、TOS

■hobby:SnowBoarding Soccer 
Music gAME
--------------