=獅子の咆哮= 【FF14】フロントライン殲滅戦 【スノーボード】動画
FC2ブログ

=獅子の咆哮=

PVPが実装されているMMORPGを中心に、ブログを不定期で更新しています!リンクフリー相互リンク歓迎!!

【FF14】フロントライン殲滅戦 【スノーボード】動画

こんにちは、しんたろうです。

私はもっぱらのPVP人間なので、FF14を始めたのも
国産のMMORPGでPVPがあり、さらにビッグネームのFF14だったのがきっかけで始めました。

ウルヴズジェイルは1179戦に参加し、フロントラインは現在495戦という参戦数です。

そして、パッチ2.5から導入されたフロントライン殲滅戦ですが
当初は強制終了祭りや、ただたんに3国のぶつかりあいで不満ありありでしたが
最近は意外と楽しんでいる自分がいます。

正直、3国でぶつかって
スコアがトップになった時に、2国から狙われるシチュエーションがあるんですが
この時に、裏をついたりできれば戦術的にも面白いのですが
いかんせん野良では、そこまでの統率は取りきれません。
ただ、単に戦い人もいれば
勝ちたい人もいる戦場では統率力というのは、力を発揮できないものです。

一応声をかけて、反応する人もいますが
裏を取るには、一度中央から下って反対側までいかなくてはいけないため
移動距離も含め、時間も掛かってしまうのがネックな所であるため
裏を取るという行為に果たして何処までメリットが見出せるかが見えにくいのが非常に残念ですね!

もっと、裏をとりやすい環境作りをしてくれたら
更に一段階楽しめるコンテンツになると思うのです・・・。

現状はというと、やはり遠隔有利の状況で
特に黒魔と召喚士に分が大分あります。
戦士でも参戦したのですが、スコアを見ると以下のような状況で、キャスターばかりw
戦士スコア

そして、高揚状態が付くと火力が上がり、LBゲージもたまりやすくなるという状況
しかし倒されれば相手にポイントが8ポイントほど献上してしまうため(通常1ポイント)
うかつに死ねない状況になります。
高揚状態

位置取りを考え、いかに敵を落とすかが重要になってくるため
高揚状態になった人は、なるべく死なない行動を取る必要があります!

逆に言えば、落としてしまえば
逆転する事も出来るので、積極的に狙いましょう!!

現在は固定での活動はほぼ無であり
野良での参戦がもっぱらでありますが
固定で組んだら、楽しいだろうなーって思います。
しゃしんだお


話が変わり、私の趣味であるスノーボードに会社の人達と5人で行って来ました。
後輩の要望でグラウンドトリックを披露した動画が以下になります。

ただ、プレスしてぐるぐる回るのと
アンディー5という技を繰り出してみました。

スノーボードは友達と行くと非常に面白く、また雪山に行くとテンションが上がって
リフレッシュにはもってこい!
しかし、お小遣い制な現状では、昔みたいに10回以上はいけないため
月に1度いければいい感じで、ちょと物足りないですけど。
もう無理できる歳でもないので、軽く流す程度で遊んでます。

今日は雪も降ってます!
雪道は滑りやすいので、怪我の無いように気おつけてくださいね!
以上!!


FINAL FANTASY XIV(FF14) ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム攻略・裏技へ
にほんブログ村
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MOMOTENSUI

Author:MOMOTENSUI
--------------
★MavelStrikeForce(マベスト)
名前:YUKIMURA
所属:ちぇいんすもーかーず

★FF14
所属:未所属
Name:Shintarou Leon'Heart
サーバー:槍

★ウルティマオンライン(UO)10年間プレイ 引退
NAME:MOMOTENSUI
所属ギルド:[=J=][SLS][NS3][+][=F=]
ギルドマスター暦:[NS3][+][=F=]

★GuildWars2 引退
 NAME:M O M O T E N S U I

★MMORPG暦 18年
信長の野望Online、大航海時代Online FF14
AOE、AOK、Diablo、EQ、GW、TERA、TOS

★hobby:SnowBoarding Soccer 
Music gAME
--------------

  • 管理画面
  • カウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    オンラインゲーム
    887位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    340位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    QRコード
    QR