=獅子の咆哮= 極タイタン編 VS子タコの時の盾の動き方
FC2ブログ

=獅子の咆哮=

PVPが実装されているMMORPGを中心に、ブログを不定期で更新しています!リンクフリー相互リンク歓迎!!

極タイタン編 VS子タコの時の盾の動き方

こんにちは、Shintarouです。

今回は私的考えにおいて、子タコの効率よいまとめ方を図に起こしてみました。
ちなみに私は戦士です。

参考程度に、更に効率の良い動き方を編み出して頂ければ幸いと存じます。
皆で極タコをけちょんけちょんにしてやりましょうぞ!!!

定番の3時で子タコをまとめました。

1.子タコがふってきます。
この時にタコに対してヘヴィスイングを使い、スカルサンダーに移行する準備をしておきます。
落ちてきたら、西のタコにスカルサンダーで敵視を稼ぎます。
tako1.png

2.東へ移動し、東の子タコを釣ります。
この時はスカルサンダーの流れから、ボーラアクスを叩きこんで東の子タコのヘイトも取ります。
tako2.png

3.5時方向へ移動します。
移動しながら、オーバーパワーを連打しヘイトを確実に己のものにします。
TPを確認しながら、確実に手堅く叩き込んでいきましょう。
このタイミングでボム1が降ってきます。
tako3.png

4.5時方向から、崖沿いを1時方向へいどうします。
崖沿いを移動する事で、子タコ二体がまとまりはじめます。
3時で倒した時に上手く重なってくれる感じになるのです。
更にボム2が降ってきます。そして、1時の位置でボム1の爆発を回避します。
tako4.png

5.ボム1が爆発する手前でランスラがきます。
ランスラとボム2が重なるので、ランスラの判定が消えた直後にボム2に重なれば
ボム1の爆発ダメージは回避できます。
tako5.png

6.ボム2が爆発するので、今度は4時方向へ回避します。
この1時5時の上下運動を繰り返す事で、子タコがどんどんまとまっていき
倒した時の、沼地の障害を小さくする事ができます。
tako6.png

7.子タコランスラがきます。
同時にはまずこないため、4時方向から1時に回避すると今度は
1時方向に、もう一体のランスラがくるので注意です。
ランスラを決してPTがいる方へは向けないようにするのも重要です。
tako7.png

8.最後の締めになりますが、ここらへんで重みがくるので頭にいれておきましょう。
それと子タコランスラを一度ずつ回避すれば、二回目くる前には倒しているはずなので
子タコランスラ回避し、重みも終わっていたら、沼地に多少入っても大丈夫です。
tako8.png

後は気合と愛と根性と友情パワーで倒してください!!

ちなみにLBゲージが2本溜まってると、子タコランスラがくる前に
両方処理できる事もありますので、ケースバイケースにはなりますが
通常のPTだと、大体LB1なのでこうなります。

盾が少ないFFにおいて
盾泣かせな極ですけど、負けないで!
ということは、ボムの爆発する順番て毎回固定?
12時 3時 6時 9時のいずれかがまず爆発するってことか。
LB2は、PTにもよるけど、LBゲージ溜まりやすい攻撃があるので、DPSがLBまで考えていると楽だね。

あと、召喚がいたら、タイタン本体にDot→ベインで子タコ2個に付与できるので楽だよ~
[ 2014/02/01 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MOMOTENSUI

Author:MOMOTENSUI
--------------
★MavelStrikeForce(マベスト)
名前:YUKIMURA
所属:ちぇいんすもーかーず

★FF14
所属:未所属
Name:Shintarou Leon'Heart
サーバー:槍

★ウルティマオンライン(UO)10年間プレイ 引退
NAME:MOMOTENSUI
所属ギルド:[=J=][SLS][NS3][+][=F=]
ギルドマスター暦:[NS3][+][=F=]

★GuildWars2 引退
 NAME:M O M O T E N S U I

★MMORPG暦 18年
信長の野望Online、大航海時代Online FF14
AOE、AOK、Diablo、EQ、GW、TERA、TOS

★hobby:SnowBoarding Soccer 
Music gAME
--------------

  • 管理画面
  • カウンター
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    オンラインゲーム
    887位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    340位
    アクセスランキングを見る>>
    検索フォーム
    QRコード
    QR